Pickup Item

WELEDA ヴェレダボディオイル全10種類を試したレビュー

クナイプの記事がとても好評なのでもう一つおすすめの「WELEDAヴェレダ」を紹介したいと思います。WELEDA(ヴェレダ)は日本では馴染みが薄いですが、とても1921年創立の歴史のあるオーガニックコスメの企業です。Amazonも歯磨き粉は人気ランキング上位に顔を出す製品です。
今回ヴェレダのボディオイルのレビューをしたいと思います。

※肌が敏感な人・アレルギーの方は必ず使用前にメーカーや医療機関にご相談ください。

■ヴェレダオイルバスミルクは下記の記事↓にまとめてありますので興味のある方はご参照ください

あわせて読みたい
WELEDA ヴェレダバスミルクを全種類試したレビューいつもはクナイプバスソルトを愛用しているのですが、ヴェレダの記事も人気なのでヴェレダバスミルクを試してみました。クナイプに比べるとヴェレ...

WELEDA(ヴェレダ)とは



ヴェレダは1921年スイスのアーレスハイムにて創立されました。「ヴェレダ」というブランド名は自然療法やオーガニックの効用を唱えたルドルフ・シュタイナーによって設立された化粧品ブランドです。原料となる植物は野生あるいはバイオダイナミック有機農法で栽培するなどのこだわりを持つ等、現在のオーガニックコスメのルーツと言えるでしょう。現在は世界約50カ国以上で販売されています。

ヴェレダの製品は、植物を原料にした100%天然素材で作られ、合成保存料は一切使われていません

■ヴェレダ公式サイト>>

ヴェレダについて「人智学(アントロポゾフィー)という考え方」

ヴェレダのすべての製品は、自然の摂理がもたらす特徴的な植物(キープラント)に、そのちからをもらっています。 なぜその植物なのか、という植物観の根幹には、シュタイナー博士の唱えたアントロポゾフィー(人智学)があり、 現在に至るまでヴェレダの、真似のできない製品づくりへとつながっています。

人智学(アントロポゾフィー)の考えとは、簡単には生命の活動においては人間と自然は密接に関係していると言うことです。自然の力を借りて人は心身のバランスが取れると言う考えから、WELEDAではボディケア・スキンケア商品は100%が天然由来成分。また使用原料の植物は70%以上がオーガニックまたはバイオダイナミック農法で育ったものを使用しています。WELEDAは原料調達において生産者とフェアトレードを確立させ、長く良好な関係を保つことを大切にしています。

ヴェレダというとオーガニックコスメの方に注目しがちですが、人智学(アントロポゾフィー)や生産者とのフェアトレードの関係性等企業コンセプトの上で成り立っていることが重要だと思います。

ヴェレダの品質基準

ヴェレダの製品は下記の明確な品質基準によって生産されています。

・すべての製品はアントロポゾフィー(人智学)から見た医学・薬学に基づき、開発されています。
・植物のちからを最大限に引き出すことのできるバイオダイナミック有機栽培、有機栽培、野生の原料を可能な限り使用します。
・自然原料だけを使い、合成保存料・合成着色料・合成香料は使用しません。
・石油系原料は一切含みません。
・遺伝子組み換え植物は一切使用しません。
・製品や植物性成分には放射線処理が施されていません。
・動物実験は行っていません。
・原料調達や製造方法は、持続可能で環境に負担の少ない方法で行っています。
・医薬品の製造工程と同レベルの品質検査・管理が行われています。
・すべての製品が、国際オーガニック認証基準「NATRUEネイトゥルー」を取得しています。

■出典:ヴェレダ公式サイト「ヴェレダの品質基準」>>

ヴェレダの製品だけない!共感できる企業コンセプト

ヴェレダはもちろん企業としての利益を追求しながらも、地球や環境、そこに住む人たちをいたわる目線を忘れず、赤ちゃんからお年寄り、肌に悩みを抱える人まで家族みんなで使えることを考えて生産販売されています。また生産者との関係を大事にして搾取されないようにフェアトレードの関係を維持しています。最近、サスティナブル「持続可能な」「ずっと続けていける」等の言葉がよく使われますが、ヴェレダはずっと昔から実践してきた企業なのです。

消費者はどうしてもパッケージデザインや機能や価格等商品の表面的な部分に目が行きがちですが、これからは生産している企業のポリシーやコンセプトや実際にどのように生産販売されているかもきちんと判断して購入する時代になってきているような気がします。そうすることにより労働搾取や環境破壊等ブラック企業的な企業は存続は厳しくなるのではないでしょうか。

やはり製品を使う時にも作ってくれた人の上の犠牲の上で成り立つ製品は気持ちよく使えるものではないですし、特にオーガニックコスメ等身体に利用するものであれば尚更だと考えます。

ヴェレダのおすすめのポイント

付け心地が軽くべたつかない

ヴェレダのどのオイルの種類に共通するのはさらっとしていてべとつかないので使用後もスッと引いてくれます。付け心地も軽いです。肌にオイルが浮く感覚がなく肌に馴染みがいいんだと思います。

香りが自然の香り

これもヴェレダのどのオイルの種類に共通するのが自然の香りに近いので毎回使用しても飽きがこないのがおすすめです。

正真正銘のオーガニックコスメ・機能性重視のコスメが好きな方

オーガニックコスメブームの以前から存在していたのとどちらかと言うと化粧品メーカーというより医薬品メーカーに近いです。前述に書いたとおりヴェレダはボディケア・スキンケア商品は100%が天然由来成分。また使用原料の植物は70%以上がオーガニックまたはバイオダイナミック農法で育ったものを使用しています。特に各オイルそれぞれ植物由来の体や心に作用する成分・効能があります。コスメでも機能性重視のコスメが好きな方にはおすすめします。

ヴェレダのオイルそれぞれの評価・レビュー

ヴェレダ オイルコレクション(はじめての方におすすめ!)



まずはどれが適しているか試してみたい!という方にはおすすめなのはヴェレダのボディオイルにも毎年トライアルキットやクリスマスシーズン等にオイルコレクションが販売されます。まずはこれを試してみて自分にあうヴェレダのボディオイルを見つけるのをおすすめします。毎年トライアルキットの中身は異なります。

■ヴェレダオイルコレクションの詳細の続きはこちら>>

ヴェレダ ホワイトバーチボディオイル(おすすめ1位・ヴェレダオイル一番の人気)




ヴェレダボディオイル人気NO1・デスクワークで足がむくみがちな人におすすめ

ヴェレダのホワイトバーチボディオイルはヒップや太もも・二の腕まわりの肌のざらつきをケアするために開発されたボディマッサージ用オイルです。肌を滑らかに整えるアンズ核油などの植物オイルをベースに、肌の引き締めやハリを保つために効果的なシラカバ葉エキスやブッチャーブルーム根エキスをブレンドされています。

ヴェレダのオイルなかでは人気No1のホワイトバーチボディオイルですね。ホワイトバーチ(白樺)の引き締め効果があるのか、ホワイトバーチボディオイルを塗りながらマッサージすると血行がよくなり、結果としてむくみが取れるような感じがします。実際に翌日とかフットワークが軽い感じがします。長時間のデスクワークで足がむくみがちな人にはおすすめですね。香りは柑橘系の軽い感じの香りがします。

※ポメグラネイト(ざくろ) ボディオイルとホワイトバーチ・セルライトオイルには小麦を使った原料を含みます。小麦アレルギーをお持ちの方は使用を控えたほうがいいでしょう。
■ホワイトバーチ ボディオイルの製品説明の続きと購入された方のレビュー(370件以上)はこちら>>

ヴェレダ アルニカ・マッサージオイル(おすすめ2位・デスクワークの疲れを取るのに最適)




肩こり・背中のハリでお悩みの方・筋肉痛とか冷え症の人には特におすすめ

アルニカは中・南部ヨーロッパに原生するキク科の植物で、花部分には150種類以上もの有用な成分が含まれています。アルニカオイルには抗炎症作用、鎮痛作用などがあり、痛みや炎症を抑える働きがあります。スポーツの前後などに使って筋肉がこわばるのを防いだり、筋肉の回復や肌の自然機能をサポートするのに理想的なオイルです。ヴェレダ アルニカ・マッサージオイルは一押しです。

特にデスクワーク・パソコン仕事する人におすすめ!お風呂あがりに塗ると血行が良くなるのかオイルを塗った後ぽかぽかしますね。肩こり・背中のハリ・筋肉痛とか冷え症の人にはおすすめです。香りもハーブ系のサッパリした香りでずっと残る香りではないです。
■ヴェレダ アルニカマッサージオイルの製品説明の続きと購入された方のレビュー(200件以上)はこちら>>

ヴェレダ ラベンダーオイル(おすすめ3位・心身をリラックスモードに)

肌にしなやかさが欲しい時と心をリラックスさせるマッサージに最適!ラベンダーの繊細で優しい香り

WELEDAラベンダーリラックシングボディオイルはストレスが多い日の終わりのリラックスと癒しのマッサージに最適です。ヴェレダオイルの中では定番のオイルですね。ヴェレダラベンダー オイルのラベンダーの香りは他のラベンダーオイルに比べてキツくなくて、人工的でなく自然とほんのりとする香りなので毎日使っていても飽きが来ないのと同時にリラックスできます。入浴後のマッサージ等で活躍しています。入浴後の保湿も兼ねておすすめです。ヴェレダオイルの中で何を試していいかわからない人はまずはこのヴェレダラベンダーオイルを試すのをおすすめします。
■ヴェレダ ラベンダーオイルの製品説明の続きと購入された方のレビュー(110件以上)はこちら>>

ヴェレダ ざくろオイル(エイジング目的に)

エイジング肌(年齢を重ねた肌)の集中トリートメント。首・デコルテのざらつきに・乾燥やハリの低下が気になる方に フルーティな大人の香り

エイジングの兆候が目に見えて減少するのを助ける抗酸化物質に富んだ贅沢なボディオイルです。潤いを与えて肌の再生を促進し、全身を滑らかに引き締めます。

ヴェレダのざくろオイルは平子理沙さんがWELEDAの愛用で雑誌で取り上げられたので人気がでたオイルですね。エイジング目的ならばおすすめのオイルです。ざくろの香りは甘めの香りではなく、甘酸っぱい爽やかな香りがします。ネットではコーラの香りという評判が多いです。

※ポメグラネイト(ざくろ) ボディオイルとホワイトバーチ・セルライトオイルには小麦を使った原料を含みます。小麦アレルギーをお持ちの方は使用を控えたほうがいいでしょう。
■ヴェレダ ザクロオイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

ヴェレダ シトラスオイル(夏向けシトラスの爽快感)

肌にハリとなめらかさがほしい時に 軽いボディマッサージに 柑橘系の爽やかな香り

高品質のアーモンドオイルがベースの、お肌によくなじむさっぱりとした感触のオイルでシトラスが爽やかに香ります。
癒し系のローズ・ラベンダーのオイルとは違い、シトラスは爽快感・リフッレシュされる感じですね。夏向けのオイルになります。ヴェレダの他のオイル同様にベトベト感がないのでシトラスの香りにマッチしていると思います。気分転換用に一本持っていてもいいと思います。
夏の冷房による筋肉痛等でも活躍してくれます。

■ヴェレダ シトラスオイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

ヴェレダ ワイルドローズオイル(乾燥肌で過敏肌の人)

潤いとハリを与えたいときに 乾燥した肌の保湿ケアに 優雅なローズの香り

ヴェレダワイルドローズボディオイルに含まれる、貴重な野生のジャコウバラ油が肌に優しく、しなやかさと弾力を残します。微細で軽く、穏やかなアーモンド油が、保湿効果のあるホホバ油とともにローズオイルの再活性化特性を補完します。さっぱりしたローズの香りがします。浸透が良いのかベタつかずサラッとした感じですね。乾燥肌で過敏肌の人におすすめのオイルです。
■ヴェレダ ワイルドローズオイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

ヴェレダ カレンドラマッサージオイル(ヴェレダ初万能マルチユースオイル)




毎日のマッサージに活躍! 乾燥など外的ストレスで敏感に傾いた肌の保湿にも。 髪や爪に少量つけてツヤ出しとしてOK。柑橘系のほのかに甘酸っぱい香り

一番最近に出たカレンドラ マッサージオイルです。ヴェレダ日本上陸40周年を記念して、「肌と心の解放」をテーマにした、ボディ・頭皮・髪・爪にも使える、ヴェレダ初万能マルチユースオイルです。カレンドラは古代エジプトの時代から、肌荒れ予防や敏感な肌のケアに使用されてきたキク科の植物。茎が短く花が大きいのが特徴的です。保湿・保護・肌あれ防止効果に優れ、ヨーロッパでは敏感肌のケアに長年用いられてきたそうです。ボディのマルチユースで使えるのがおすすめです。香りは癒し系というより柑橘系のスパイシーな香りな感じがします。
■ヴェレダ カレンドラ マッサージオイルの製品説明の続きと購入された方のレビュー(150件以上)はこちら>>

ヴェレダ イブニングプリムローズオイル(アンチエイジング効果を求める人)

大人の肌の「乾き・ハリの低下」などの悩みに 年齢の出やすい手や首元に なめらかで高級感のあるテクスチャー 上品で深みのあるグリーンフローラルの香り

年齢を重ね、乾燥しがちな肌をなめらかに潤し、保護する全身用トリートメントオイルです。アンチエイジング効果を求める人にはおすすめのオイルだと思います。保湿面を強化したオイルのような感じがします。
■ヴェレダ イブニングプリムローズ オイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

ヴェレダ ヒッポファンフルーティオイル(柑橘系香り・乾燥肌の人に)

乾燥を集中ケアしたい方に 軽いボディマッサージに フルーティーな柑橘系の香り

プロビタミンAやビタミンEを豊富に含んだ高価なヒッポファンオイルと、ミネラルを豊富に含み肌になめらかさを与えるセサミオイルを配合したリッチなトリートメントオイル。ビタミンがたっぷり含まれているオイルで乾燥肌の人にはおすすめではないでしょうか。乾燥肌の季節でのピンポイントでの利用におすすめ。香りは柑橘系でもオレンジの香りが強い感じがしますね。
■ヴェレダ ヒッポファン フルーティ オイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

ヴェレダ マザーズボディオイル(妊娠初期・産後のボディケア)

妊娠期のおなかまわりの肌や、産後の肌の引き締めに 妊娠初期~産後のボディのケアに 助産師の協力のもと開発 肌の乾燥によるつっぱり感が気になるときに

※こちらの商品は試していないのですが、とても人気のアイテムなので紹介のラインナップに加えさせてもらいました。ネットの口コミを見てもヴェレダのオイルの中では特に人気のアイテムです。人気の理由としてはヴェレダ マザーズボディオイルはオーガニック原料の使用と妊娠線予防オイルとしての利用で人気が出ていいます。特に妊娠期や産前・産後におすすめのオイルで保湿ケアに効果のある高品質のアーモンドオイルやビタミンEを多く含む小麦胚芽オイル、アルニカのエキスが含まれています。
■ヴェレダ マザーズボディオイルの製品説明の続きと購入された方のレビューはこちら>>

この記事に関連する記事一覧