Pickup Item

ブレスエアー敷布団を10年間利用しての感想・わかったこと

今回はブレスエアー敷布団を10年使ってみての感想と購入時のポイントを書きました。敷布団って意外とずっと使っている人いませんか?最近では新素材を利用した敷布団も出てきているので、思い切って変えてみるのもいいかもしれません。その中でも東洋紡のブレスエアーはおすすめです。

ブレスエアーは東洋紡のクッション素材で「通気性」「高反発」「耐久性」「清潔性(洗濯性)」に優れた、全く新しいタイプのクッション素材、形状はヘチマタワシのような、内部で空気が循環する高通気構造。クッション性はゴムで出来たコイルバネのような、やさしくコシのある独特の弾発力があり、しかも耐久性に優れているうえに洗えるので、長期間清潔に使用可能です。意外にもブレスエアーは身近に体験している人が多いはずです。

実はあの新幹線N700系のぞみのシートもブレスエアーが使われており、現在は首都圏を走る新型鉄道車両を中心に、急激にブレスエアーの採用されているようです。新幹線の座り心地を思い出してもらえればと思います。

■ブレスエアーについて(東洋紡)>>
■ブレスエアーが採用されている車両一覧(東洋紡)>>
■ブレスエアーの敷布団の詳しい説明>>

10年ブレスエアー敷布団を使ってみて良かった点

ヘタリが少ない・適度な反発力

綿の敷布団とかはどうしても経年変化で腰部分や負荷のかかる部分がヘタってきてしまいますが、ブレスエアーの場合はそれはヘタリは心配ありません。変色等の心配もありませんので10年経っても購入したときの性能を維持しています。反発力もポンポンと跳ねる感じではなく、適度に身体が沈み込む形になります。特に腰痛持ちの人等は適度に反発が欲しい人はいいと思います。

埃・ホコリが出ないので部屋の掃除が楽

綿の敷布団と違い、ホコリが出ないでないので部屋の綿埃やハウスダストの心配はありません。もちろんダニ等の心配もありません。

通気性の良さ・蒸れないの夏の就寝時が快適

ブレスエアーの一番の特徴である通気性ですが、ヘチマたわしのような構造なのでとにかく蒸れないのと通気性がいいので、夏の敷布団としてはとてもいいと思います。実際に綿の敷布団時代に比べて夏の就寝時の敷布団への表面接触温度が下がったので寝返り等の数が減り、熟睡する頻度が増えました。低反発素材は寝心地はいいですが、蒸れてしまうのでその点ブレスエアーはおすすめです。



清潔・丸洗いが可能!

ブレスエアーはなんと丸洗いが可能なのです。水で流して外に干しておいても繊維にダメージ等はありません。しかも素材自体が制菌加工済なので、いつでも清潔なのと速乾性が高いのですぐ乾きます。

軽いので持ち運びが楽

どうしても敷布団は重いので押し入れにしまったり干したりするのが大変ですが、ブレスエアはとにかく軽いので布団を干したりそうした動作がとても楽です。

10年ブレスエアー敷布団を使ってみてここは良くなかった点

表面がチクチク・ゴワゴワする

ウレタン等クッション系の素材ではないので表面がチクチク・ゴワゴワ感はあります。ただブレスエアーをカバーする素材によって改善されます。ディノスのブレスエアー敷布団はその点をうまく改善しています。

ブレスエアーなるべく厚いほうがいい

ブレスエアーの厚みが薄いとやはり硬すぎて痛いです。※腰痛持ちの人には逆にいいかもしれません。ブレスエアーを購入する時はなるべく厚さをあるものを選ぶといいでしょう。ただブレスエアーは厚さがあるほど値段が高くなります。

寝返り時に音がうるさい

ブレスエアー単体の敷布団で薄いシーツの場合、寝返りや体を動かすとカサカサと音がするので、気になる人は気になると思います。

ブレスエアー敷布団の購入時のポイント

ブレスエアー敷布団の購入時のポイントはブレスエアーだけだと痛いのと音がするので、各メーカー他の素材と組み合わせて販売しています。

素材によっては先程書いたようなブレスエアーの欠点(音やゴワゴワ感)をカバーできますが、逆にブレスエアーの良さ(通気性・クッション性)も半減しているので注意が必要です。ブレスエアーはヘタらないけど、ブレスエアーをカバー素材がへたる可能性もあります。またブレスエアーの繊維断面形状には中空ハードタイプと中実ソフトタイプの2種類があり、さらに密度と厚さで性能や価格変わってます。自分が体験した中では中空ハードタイプが軽くて硬さもあってよかったです。腰痛持ちの方等それぞれに好みに応じて選んだほうがいいかもしれません。他の素材と組み合わせ・取り外し可能な商品がいいでしょう。

ブレスエアーの敷布団を実際に体験したい人はビックカメラの生毛工房がおすすめ

ブレスエアーの敷布団を実際に体験してみたい場合は布団屋?!意外にもビックカメラの生毛工房がおすすめです。他の敷布団との違いも体験できるのでオススメです。ブレスエアーの中身のサンプルもありました。

※購入時に比較するものとしてテンピュールがあると思いますが、テンピュールは蒸れるのと季節によって硬くなってしまうのとテンピュール自体決してリーズナブルでないのでその分ブレスエアーの方がいいと思います。日本の気候にはテンピュールよりブレスエアーの方が適していると思います。

ブレスエアー敷布団のおすすめ商品

ブレスエアー敷布団は各メーカーから販売されていますが、ブレスエアー自体はそれほど変わらず、他の素材の材質により値段や商品の違いがあります。よく素材の材質を確認してから購入をおすすめします。

東洋紡 極厚ブレスエアー 洗える極厚ボリューム敷き布団 中芯厚70mm

ブレスエアーの敷布団の中で厚さ70mmの極厚ボリュームの敷布団になります。三つ折りサイズなので押入れ収納も可能です。

■東洋紡 極厚ブレスエアー 洗える極厚ボリューム敷き布団 中芯厚70mmの製品詳細の続きはこちら(Amazon)>>

【一番のおすすめ】ディノス敷布団部門 10年連続売上No.1の敷布団ブレスエアー敷布団の改良モデル




このディノス敷布団部門 10年連続売上No.1の敷布団ブレスエアー敷布団の改良モデルを実際に購入して使用していますが、夏場の通気性が良くてよく寝れるようになりました!売れる理由がよくわかります。ブレスエアーの欠点をカバー(ゴワゴワ感や音)している設計になっています。

ディノスブレスエアー敷布団 ネオシリーズの製品詳細の続きはこちら>>

ディノスのブレスエアー最上級モデル デラックスバージョン

ディノスのブレスエアー最上級モデル デラックスバージョンはイヤな臭いや寝汗を爽やかに防ぐ消臭・吸汗パッド付きのセットにしたモデルになります。
■ディノスブレスエアー敷布団 ネオシリーズ 消臭・吸汗パッド付きの製品詳細の続きはこちら>>

ブレスエアー座布団

ブレスエアーの座布団です。長時間PC作業する人にはお勧めです。蒸れないのと滑らないのでとても快適です。ブレスエアーの座布団はいろんな種類がでていますが、ポイントとしては「滑り止めが付いている」・「ブレスエアーの厚みのあるもの」・「カバーが取り外せて洗濯できるもの」がいいでしょう。

■ブレスエアー座布団40×40cmの製品詳細の続きはこちら>>

サイズやブレスエアの厚さをオーダー可能なコットンハウス830

別途のサイズが特殊だったり、ブレスエアの厚さをオーダーしたい方はコットンハウス830さんに依頼すると、ブレスエアーをカッティングしてくれて敷布団を制作してくれます。
■コットンハウス830>>

この記事に関連する記事一覧