*

【レビュー】外出先で自宅の温度/湿度/気圧をスマホで確認「Elgato Eve degree」

最近はGoogleHomeやAmazonAlexaが販売されたことにより自宅室内のスマートホーム化デバイスが続々登場していますがその中で今回紹介するのはElgato(エルガト) Eve degreeになります。Elgato(エルガト) Eve degreeはAppleのHomeKitに対応しており、ipad等をハブとして外出先からスマホで自宅の室内の温度・湿度・気圧等把握することができます。HomeKit 対応なので、SIRIにも対応していますし、何度になったらエアコンを入れる等の事もできたりするようです。

自分の用途としては室内の温度湿度管理がしたかったので機能的には十分なデバイスです。ちなみに今回比較検討したデバイスは下記になります。海外だとスマホ対応の温湿度計は多数出ていますが、日本ではまだ限られているのが現状です。それでも今まで計測機器は業務用がほとんどで高価で気軽に購入できるものでなかったのですが、Bluetooth対応・Wifi対応・スマホ対応等、IOT化され値段もリーズナブルになりました。

Elgato Eve degree購入時検討したスマート温湿度計

今回Elgato Eve degreeを購入する時に検討したスマホ対応温湿度計です。

SmartPeanutsは実際に購入して使っていますが、使い勝手はなかなかよく、アプリも見やすいのですが、温度しか計測できないのとアプリ上では24時間しか表示されないのが欠点かなと思います。

サンワサプライ 無線温湿度照度計は電池寿命も約1年でアプリのできもElgato Eve degreeとほぼ同じ機能を有しているのですが、Homekit対応等スマートホーム対応していなく、サンワサプライのアプリ単体で完結しているのがElgato Eve degree違いだと思います。照度センサーと気圧センサーの機能の違いもあります。

Engbird IBS-TH1のメーカーのINKBIRD社を調べて見ると計測機器のメーカーのようで多数計測機器を販売しています。IBS-TH1のほうが外部プローブ付なので計測データの精度が高いかもしれません。本体単体で計測可能かどうかは不明です。iphone・Android両対応です。温度と湿度のみ計測可能です。

Elgato Eve degreeのレビュー

Elgato(エルガト) Eve degreeはサイズ的には手のひらサイズで、多少重量があり質感もやすいガジェット風じゃないところがいいです。ただ1つ残念なのは裏側の引っ掛けるフックが小さいので普通の頭付きの画鋲では引っかからないので、頭の小さい画鋲を用意をしたほうがいいでしょう。本体側は設置したらほぼ操作することはなく、全てアプリ側で閲覧・操作する感じになります。

アプリもできが良く、過去の測定データもグラフ化され、同時に数値としても表示されます。細かい推移をみたいのであれば数値を見たほうがいいでしょう。基本的に10分間隔で計測していきます。数値等はDropboxへ書き出しが可能です。アプリは他の複数のEVEプロダクトシリーズで使うことを前提としてグループ化やシーン別等分けることができる作りになっています。電池の持ちに関してはまだ使い始めでわからないのですが、ネットの仕様では1年程度持つということです。電池の残量に関してはアプリ上で表示できます。バッテリーはボタン電池(CR2450)を使用・Bluetooth LEに対応しています。

欲しい機能というかiosのウィジェット上で温度湿度等表示してくれるといいかなと思います。HOMEアプリまたはEVEアプリを起動して確認する手間がはぶけるからです。IPX3防水対応なのでもう一台購入して外に設置をして外気温を計測する使い方もいいでしょう。

注意点としてはiphoneに認識させる時にElgatoアプリ上で認識するのではなく、AppleHomeKITアプリ上でEve degreeを認識させます。最初Elgatoアプリ上で認識させようとしてなかなか見つからず苦労しました。

■Elgato Eve degree HomeKitの製品詳細の続きはこちら>>


室内用と外気計測用と2つ購入しました

サイズは手のひらのコンパクトサイズ

厚さも2cm程度です

AppleHomeKITアプリでこの部分を読み取るだけでiphoneで認識します。

日本語のマニュアルも付属していますが、操作が簡単なのでほとんど不要です

 - Pickup Item, すべての記事一覧