ウェブマスターの迷惑メール対策

ウェブマスターの迷惑メール対策

info@hogehoge.jp やwebmaster@hogehoge.jp 等,infoやwebmasterアドレスをサイトに公開しているサイトは多いはず。それと同時に迷惑メール・SPAM業者は、メールアドレス収集プログラムを使って、定期的にインターネット上のサイトを巡回してメール・アドレスらしいデータを自動的に収集しています。実際infoやwebmasterアドレスに来るメールの内容のほとんどが迷惑・SPAMメールのパターンが多いかもしれないです。今回はそうした迷惑メールで困っているサイト管理者のためにその予防策をいくつかあげてみました。

info@・webmaster@等は使用しない

info・webmaster等のメジャーアドレスは狙われやすいので、別のアドレスを使用したほうがいいでしょう。info_hogehoge@とするだけでも効果あると思います。

お問い合わせウェブフォームを利用する

一番の対策はinfoやwebmasterアドレスの公開を止めて、お問い合わせウェブフォームを利用するのが効果があると思います。お問い合わせフォームもスパムが自動認識するようになってきているので画像認証(キャプチャ認証)等の導入もおすすめします。

メール・アドレスをイメージ(GIF・JPG等)で表記する

メールアドレス収集プログラムはmailto: やinfoや@等文字列で収集するのでイメージ表記をしてそれで防ぐことになります。
※欠点はmailto:リンクが使えないことです。

JavaScriptでアドレスを記載する

もし表示もそのままでmailto:リンクもそのままというなら、JavaScriptを使ってアドレスをスクリプトで生成するという方法があります。

上記のようなコードを記載することで通常のmailto:リンクと同じになります。
※JavaScriptの実行が無効になっていると、使えない場合があるので注意

「 @ 」の代わりに「 @ 」を使う

通常、「info@hogehoge.jp」のようにHTMLでも「@」を使用しますが、HTMLタグに「@」の代わりに「@」を記載しても「@」と同様に表示になります。つまりHTMLタグでは「info@hogehoge.jp」という記載になります。
最近ではメールアドレス収集プログラムも上記のパターンにも対応してきているみたいなのであまり効果は内容です。

受信サイズ制限をかける

ウィルスメールの場合にはexeファイル等よく添付されてくる場合が多いです。うっかり実行してしまう場合があるのであらかじめ受信サイズ制限を50KBくらいにして制限をかけておくことも防御法の一つです。
※通常の文書のメール場合は受信サイズ制限を50KBでもほとんど受信できますがただ他の添付ファイルを受信する場合にはPOPサーバーに直接取りに行かないといけないので少し不便がでます。

迷惑メール対策のシェアウエアを利用する

最近では迷惑メール対策のシェアウェアがいくつかあるのでそれを利用してみるのも効果があると思います。例えばBeckyの場合、BkASPil for Becky!2は迷惑メールかどうかを判定してくれて指定フォルダに移動する「SPAMフィルタリング(振り分け)機能 」があります。

BkASPil for Becky!2
※利用してから最初は利用者自身で迷惑メールかどうか判定するためにエンジンを鍛える必要があります。

迷惑メールフィルタリングサービスのあるホスティングサービスのサーバーを経由して受信をする

最近ではホスティングサービスを提供している会社でもSPAMフィルタリングサービスを提供しているところがあります。WEBサーバーとして使用するのではなく、中継用のメールサーバとして、SPAMフィルタリングサービスを利用するのも一つの方法です。またメールのバックアップとしても利用としてもよいかと思います。

※個人ユーザではGoogleの提供しているサービスのGmailをSPAMフィルタとして利用している人も多いみたいです。

迷惑メール業者が利用しているISP業者に通報する

もし件名タイトル・送信元が異なっていても送信元IPアドレスがいつも同じ場合、同じSPAM業者から送信されている可能で多いです。その場合、SPAM業者が利用しているISPに通報して何かしらの対策を行ってもらうこともひとつの手段になると思います。
※送信元IPアドレスはメールのヘッダ等で確認できます。

TIPSカテゴリの最新記事