SEO「Search Engine Optimization」の今後のビジネスの可能性

SEO「Search Engine Optimization」の今後のビジネスの可能性

最近WEBサイトの記事で「SEO」という言葉を知りました、SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、日本語で言うと「検索エンジン最適化」だそうです。
SEOをコアとする会社も存在し、一つのマーケティングとして確立されています。SEOは具体的にどういうことをするかというと「検索結果の上位にいつも表示されるため」にキーワードの解析やページ解析、リンク、ページ最適化を行う。キーワードやページを最適化することにより、サーチエンジンで上位の結果のポジションを得られるということです。以前、FAQサイトのキーワード検索のインデックス作りをしたことがありますが、同意語(例、ディスプレイ・モニター)等の登録等で日本語・語彙力の必要性を痛感したことがあります。たぶん「SEO」もそうした部分を追求していくのでかなり奥が深いビジネスだと感じます。

「ウェブユーザビリティ」をしていて常に感じることはいくらいいサイトを作成しても、サーチエンジンなりに検索されて結果が表示されないと意味がないということです。実際に同様な情報を掲載したサイトでもYahooに登録されているいないで天と地ほどのアクセスの差があります。今後は「ウェブユーザビリティ」とともに「SEO」を考慮したサイト作りが必要になってくるでしょう。

■SEO Japan
http://www.seojapan.com/
■SEO・検索エンジン最適化
http://www.searchengineoptimization.jp/index.html

すべての記事一覧カテゴリの最新記事