ドウシシャ サーキュライトDCC-08CMの人気の理由

ドウシシャ サーキュライトDCC-08CMの人気の理由

シーリングファン単体やシーリングファン+スポット照明式のモデルは多くありますが、シーリング照明+シーリングファンの製品はほとんどありません。LEDになりシーリング照明もデザインの幅が広がったので、あってもおかしくないと思っていたところにドウシシャシーリングサーキュレーターが販売されました。しかもシーリング照明とシーリングサーキュレーターついて2万円台と割とリーズナブルプライスだと思います。

従来のインテリア風のシーリングファンの場合、おしゃれですが、天井が高くないと設置できないというデメリットもあったのとインテリア風のシーリングファンのデザインが部屋に合わないという問題点もあったりします。ドウシシャ「サーキュライト」の場合はデザインもシンプルで従来のシーリングライトから付け替えてもそれほど違和感がないと思います。また従来のシーリングライトとそれほど高さが同じなので天井が高くなくても大丈夫でしょう。

ドウシシャ「サーキュライト」の人気の理由

ドウシシャ シーリングサーキュレーターの人気の理由としてはサーキュレーター付きのLEDシーリングライトは他のメーカーから販売されていないのと、普通のシーリングライトにサーキュレーターがついたシンプルなデザインなのでインテリアにマッチングしやすいのが理由だと思います。
またサーキュレーターの置き場所としても空気の撹拌効率から行っても天井の真ん中がベストなのでそう考えてもシーリングサーキュレーターは最適なモデルだと思います。



※「サーキュライト」公式サイトの画像引用

■ドウシシャ「サーキュライト」公式サイト>>

ドウシシャ「サーキュライト」DCC-08CMの仕様

ドウシシャシーリングサーキュレーターは明るさは40,000lm(ルーメン)(100%点灯時)・シーリング機能としては正回転(下向き風)・逆回転(上向き風)風向切替機能がついているので夏冬ともに利用できます。 8畳が推奨ですが、購入した人のレビューを読むと8畳以上でも使用している方が何人かいらっしゃいました。
■ドウシシャ ルミナス LEDシーリングサーキュレーターの詳細の続きはこちら>>

DCC-08CMとACC-08CMの違い

Amazonで販売されているものにACC-08CMがありますが、DCC-08CMとは同一モデルになります。ACC-08CMでの販売のための型番だけの違いになります。
■ACC-08CMの製品詳細の続きはこちら>>

ファンの部分がスイング機能を搭載している12畳モデル「DCC-SW12CM」

8畳モデルは存在しませんが、12畳モデルにはファンの部分がスイング機能を搭載しているDCC-SW12CMがあります。スイングするので厚みは大きくなってしまいますが、室内の空気の撹拌性能は固定式のシーリングファンに比べて効果あります。
■DCC-SW12CMの製品詳細の続きはこちら>>

ドウシシャ「サーキュライト」DCC-08CMの設置は1人では難しい?

シーリングサーキュレーター自体の重さが4kgあるので、通常のシーリング照明に比べて思いです。天井に取り付けられるシーリングライトの最大荷重を確認したほうがいいかもしれません。1人での設置は難しいと思います。また取り付けのローゼットが「サイドにネジ穴金具があるローゼットが必要」が条件になっています。今の照明を外してみて、「サイドにネジ穴金具があるローゼット」かどうか確認したほうがいいでしょう。

ドウシシャ シーリングサーキュレーターのファンの音

ファンはDCモーターなので音もそれほど大きくなく(詳細は下記のYOUTUBEの動画を参照してください)最大風量でなければ気にならない音だと思います。

■ドウシシャルミナス LEDシーリングサーキュレーターの詳細はこちら>>




Pickup Itemカテゴリの最新記事