Webビジネス

新規ビジネス時にはブルーオーシャン・レッドオーシャン市場かどうか見極める

競争の激しい既存市場は「レッドオーシャン(赤い海、血で血を洗う競争の激しい領域)」・競争のない未開拓市場は「ブルーオーシャン(青い海、競合相手のいない領域)」と呼ばれています。

ネット上のサービスに限らずPCハードウェア・周辺機器等、最近ではプラットフォームがフラット化した市場や新規参入障壁が低い業界ほどブルーオーシャンな市場ではなくなっています。

レッドオーシャン市場で勝ち抜くためには一般的には差別化・付加価値・コスト削減・ロープライス戦略等があるかとおもいますが、小資本の企業が参入するにはとてもリスクがあると思います。

まずは新規ビジネス・ネットマーケティング戦略を練る上で、参入する市場はブルーオーシャンなのかレッドオーシャンなのか状況を確認把握することが大事です。

またレッドオーシャンの市場をブルーオーシャンに変えることが可能なのか、変えるにはどのくらいの費用工数がかるのか等も検討することが重要だと思います。

[参考サイト]ブルー・オーシャン戦略(Wikipedia)

この記事に関連する記事一覧