日清Namazonにおける「グリコのおまけ」的な発想

日清Namazonにおける「グリコのおまけ」的な発想

子どもの頃をお菓子を買う目的の一つとしておまけが欲しいと言うのがあったと思います。ビックリマンチョコやプロ野球チップスもそうですが、お菓子よりおまけの方がウエイトが高いことが多いです。そのおまけの目的としては自分のコレクションであり、友達と自慢したり、交換したりするのであるが、こうした仕組みをサイト上のビジネスモデルに反映できるのでないかと思います。一例として日清食品の「Namazon」である。一人一人の家がカップの形をしていてコミュニケーションが取れるようになっています。
日清Namazon ※現在はサイトを閉鎖
http://namazon.jp/

すべての記事一覧カテゴリの最新記事