*

[Tips]迷惑メール対策(Webサイト管理者編)

info@hogehoge.jp やwebmaster@hogehoge.jp 等,infoやwebmasterアドレスをサイトに公開しているサイトは多いはず。それと同時に迷惑メール・SPAM業者は、メールアドレス収集プログラムを使って、定期的にインターネット上のサイトを巡回してメール・アドレスらしいデータを自動的に収集しています。実際infoやwebmasterアドレスに来るメールの内容のほとんどが
迷惑・SPAMメールのパターンが多いかもしれないです。今回はそうした迷惑メールで困っているサイト管理者のためにその予防策をいくつかあげてみました。
1.お問い合わせウェブフォームを利用する
一番の対策はinfoやwebmasterアドレスの公開を止めて、お問い合わせウェブフォームを利用するのが効果があると思います。さすがに迷惑メール業者もいちいちフォームに入力して送信することはないと思います。
2.メール・アドレスをイメージ(GIF・JPG等)で表記する
メールアドレス収集プログラムはmailto: やinfoや@等文字列で収集するのでイメージ表記をしてそれで防ぐことになります。
※欠点はmailto:リンクが使えないことです。
3.JavaScriptでアドレスを記載する
もし表示もそのままでmailto:リンクもそのままというなら、JavaScriptを使ってアドレスをスクリプトで生成するという方法があります。

上記のようなコードを記載することで通常のmailto:リンクと同じになります。
※JavaScriptの実行が無効になっていると、使えない場合があるので注意
4.「 @ 」の代わりに「 @ 」を使う
通常、「info@hogehoge.jp」のようにHTMLでも「@」を使用しますが、HTMLタグに「@」の代わりに「@」を記載しても「@」と同様に表示になります。つまりHTMLタグでは「info@hogehoge.jp」という記載になります。
※最近ではメールアドレス収集プログラムも上記のパターンにも対応してきているみたいなのであまり効果は内容です。
以上、ほかにもいくつか方法があるのでぜひ色々調べてサイト環境にあった対策を行うことを推奨します。

 - その他