*

[Service] Google PowerMeter にみるスマートグリッド

省エネとかエコ生活とか最近盛んにいわれるわりにはいまいちその指標がなくて、いったい自分の生活でどのくらい削減に貢献しているのかわからないのが現状だとおもいます。例えば今の電気メーターがパソコンと連動していてパソコンで電力消費量を管理できるのであればかなり省エネ生活がしやすいと思いますね。消費電力を把握することにより、夜間等電力が安いときに消費電力高いものを利用したり、電力の多い家電製品を省電力の最新の機種に買えたりと消費行動も刺激するのではないでしょうか?
●Google PowerMeter
http://www.google.org/powermeter/index.html
実はアメリカの環境政策はスマートグリッドのようにITを利用したものが核となっていくのはないでしょうか?それが一番国民に浸透して体感しやすい環境貢献のような気がします。

検索大手のGoogleは米国時間2月10日、急成長するスマートグリッドソフトウェア事業に進出し、家電製品ごとの電力消費量を表示する家庭向けウェブアプリケーションの試作版を披露した。このソフトは、家庭の電力消費量を電力会社に数分刻みで通知する機能を持つ、いわゆるスマートメータを利用する。

スマートグリッドとは、エネルギーとコストを節約するために情報技術を用いて供給者と消費者の間の電力伝送を行うことである。そのような近代化された電力網を、エネルギー安全保障や地球温暖化問題への対策の一つとして 多くの政府が推進している。例えば、もしスマートグリッド技術がアメリカ合衆国の電力網を5%効率的にすれば、5300万台分の自動車に相当する燃料の節約と温暖化ガス排出量の削減に相当すると言われている。(Wikipediaから引用しました)

 - すべての記事一覧