*

ベンジャミン・フライ

MITのメディアラボに在籍し、動的な情報源による多量のデータを視覚化する方法を研究のテーマとする。インプットされたデータに反応する有機的な表現を実現するために、研究には、適応できる、分散されたシステムの考え方を採用。現在は、この研究を、ゲノムの中にあるデータを表現するための新しい方法の研究である、ゲノム地図作成法に応用している。カーネギーメロン大学では主専攻としてグラフィックデザインを、副専攻としてコンピュータ科学を修めた。

 - 用語集