*

[MIT] 通話中の態度を改善するソフトウェアを開発

マサチューセッツ工科大学(Massachusetts Institute of Technology:MIT)が、「Jerk-O-Meter」と呼ばれる製品を開発。このソフトウェアは、声の状態からストレスのレベルを測定し、自分の態度がどの程度人の気に障っているのかを、0から100の段階で表示できる。
Jerk-O-Meterソフトウェアには、通話中の声が乱暴になってきた場合に、それをテキストメッセージで本人に知らせるといった利用法がある。あるいは、自分が非常に忙しく、注意深さがやや欠けている状態であることを通話相手に知らせるよう、ソフトウェアを設定することも可能だそうだ。
★思い浮かぶとしたらSkypeとかコールセンターの通話品質改善に役立ちそうなアプリケーションですね。
○MIT、通話中の態度を改善するソフトウェアを開発(Cnet Japan)
http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000047715,20086403,00.htm

 - SIP・VoIP・P2P関連