*

[Item] 実際に試してみた眼精疲労対策グッズ

最近ではパソコンからスマホになりより目が酷使されることになっているのではないでしょうか?しかも最近では動画も気軽に見れるので環境的も目の酷使度が増えていると思います。自分が眼精疲労を和らげるためにおこなったことがいくつかあるのでご紹介します。

眼精疲労からくる症状

眼精疲労といっても症状が様々であり、実際、ドライアイ・充血・視神経の疲労緊張等・花粉症の影響等様々あります。下記の症状に該当しそうな場合、一度眼科で診断してもらうことをおすすめします。

眼精疲労からくる目の症状

眼の症状としては目のかすみ・目の乾き・目が疲れる・眼の奥が痛い・ぼやける・かすむ・目が痛い・充血する・目が重い・しょぼしょぼする・まぶしい・涙が出る・まぶたが痙攣する等

眼精疲労からくる身体の症状

体の症状としては肩こり・倦怠感・頭痛・めまい・吐き気・不眠・いらいら等等

目を休ませる

まずはお金をかけなくても身近に目を休ませることができることがあります。

遠くを見る(できれば森林等)

近くを見ると緊張する毛様体筋は、遠くを見るとゆるみます。遠くを見ることにより弛緩時間を早めることが可能です。

★毛様体筋とは私たちがものを見るとき、眼はカメラのレンズのような働きをする水晶体の厚さを調節し、ピントを合わせています。この調節にかかわっているのが「毛様体筋」という筋肉で、水晶体を引っ張ったり緩めたりしています。遠くを見るときは、毛様体筋が緩まり、水晶体を薄くしてピントを合わせます。一方、近くを見るときは、毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体を膨らませてピントを合わせます。パソコン作業のように、近くをじっと長時間見るような場合は、毛様体筋はずっと緊張していることになり、筋肉疲労を起こします。

適度な休息(1時間ごとに10~15分)

目を酷使するパソコン作業や読み書きの際には、1時間ごとに10~15分程度、目を休ませる事が重要です。
特に集中している場合は瞬きをしないことも多いので、ドライアイの原因にもなります。

姿勢に注意

パソコン作業の際は、背筋を伸ばした正しい姿勢で座る。目をディスプレイに近づけ過ぎるのは禁物です。
特にスマホやノートパソコン時の姿勢に注意してください。

目を休ませる(眼精疲労を緩和する)アイテム

めぐりズム 蒸気でホットアイマスク

目を休める・正確には目の神経を休めることはとても重要です。お風呂に入った時にぬるま湯のタオルを目の上で暖めるだけでも違います。
「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」というのが市販されていて、休憩時間や目が疲れたときや寝る前にでも使うことができます。

あずきのチカラ 目もと用

「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」もおすすめですが、最近のおすすめアイテムとしてはあずきのチカラ 目もと用です。首を温めるあずきのチカラはとても愛用していますが、それの目もと用ができました。
使い捨てでなく、電子レンジで繰り返しできるがおすすめポイントです。

眼精疲労に効く目薬・ドライアイ対策の目薬

眼精疲労に効く目薬は薬局に行くと数多くありますが、どれを選んだらいいか悩んだ人かなり多いのではないでしょうか?

結論から言うと眼科に行って診断してもらい、目薬を処方してもらうのが一番いいです。処方された目薬が一番効果があります。
眼精疲労にも複数症状がありドライアイや花粉症の影響や視神経の緊張とかもあるので一度診断してもらったほうがいいでしょう。

眼科で出される目薬と違って、市販の目薬には防腐剤・血管収縮剤が含まれている場合があります。特に防腐剤は時間が経つと涙によって洗い流されますが、ドライアイの人は涙の量が少ないため、目の中に防腐剤が長時間留まってしまうそうです。
もし市販の目薬を利用する場合は防腐剤フリーの目薬で人工涙液のタイプの目薬がいいでしょう。ただ防腐剤フリーの目薬は長期間保存がきかないので要注意です。

ヒアルロン酸配合・防腐剤フリーのティアーレ

ヒアルロン酸配合・防腐剤フリーのティアーレがおすすめです。ヒアルロン酸配合の防腐剤なし目薬はなかなかありません。

防腐剤なしの目薬

ブルーライトカットグッズの利用

JINSのPC専用メガネ

JINS(ジンズ)のJINS PCはパソコンで目を酷使するクリエイター、ビジネスマンにブルーライトをカットする超軽量メガネです。パソコン・薄型テレビ・スマートフォンなどのディスプレイから発せられるブルーライトから眼を守るメガネで世界的レンズメーカーインターキャスト社とJINSが共同開発したNXTレンズを採用し、ディスプレイから発せられるブルーライトから眼を守ります。フレームはフレームはJINSオリジナルのAir frameを使用し、着用感を感じさせないくらいの軽さを実現しています。普段メガネをしない人も違和感がないでしょう。

ブルーライト保護フィルムを貼る

眼鏡でブルーライトを保護する方法もありますが、ブルーライト保護フィルムを貼る方法もあります。もちろん両方対策をしてもいいでしょう。ブルーライト保護フィルムはいくつか出ていますが、おすすめはRetinaGuardシリーズです。フィルムとしては少し値段が張りますが、保護フィルムとしてもしっかりしていますし、ブルーライト機能もあるのでおすすめです。

パソコンのモニターディスプレイを目に優しいものに変える

パソコンのモニターディスプレイはどちらかというと大きさや解像度に目がいってしまいますが、液晶によっても色々な種類があります。仕事で長時間を利用する場合には光沢タイプより非光沢(ノングレア)タイプの方がおすすめです。蛍光灯など光の映り込みが少ないので画面に集中できるかとおもいます。下記にまとめサイトがあるので各機種のコメントを参考したらいいでしょう。

目が疲れにくい・目に優しい液晶モニタスレまとめ

少し値段が高いですが、EIZOのモニターはおすすめできます。終日パソコンを利用している人はぜひ投資と思い購入した方がいいでしょう。きちんとモニター自体に対策されています。また昇降・チルト・スウィーベルの可動範囲が広く快適な画面位置に調整可能です。
パソコン画面と疲れ目の最新事情 http://www.eizo.co.jp/eizolibrary/knowledge/eyestrain/

目に優しいものを食べる

グレープシードオイル

これは眼鏡屋さんから教えてもらいました。グレープシードオイルは聞きなれないと思いますが、グレープシードオイルはなんと目にいいのです。グレープシードに含まれるアンソシアニンという物質が、視力の回復に効果があるとされています。またグレープシードオイルはポリフェノール豊富でコレステロール0なのでおすすめです。サプリに頼らず身近な食品から摂取するのがいいです。

眼精疲労に効くサプリメント

活性型ビタミンB12「メコバラミン」のナボリンS

どうしても忙しい方等には眼精疲労に効くサプリメントがあります。ナボリンSは眼精疲労と肩こりに効くサプリメントです。末梢神経のダメージの修復に働くのが活性型ビタミンB12の「メコバラミン」は神経細胞の修復に欠かせない成分です。さらに筋肉疲労に有効なビタミンB1、血行を促進するビタミンEも一緒に入っています。この活性型ビタミンB12「メコバラミン」の入っているサプリはなかなかありません。メコバラミン=メチコバールというとお医者さんで処方された方もいらっしゃるのではないでしょうか。

DHC ブルーベリーエキス

「DHC ブルーベリーエキス 60日分 120粒」は、アントシアニンを含むブルーベリーエキスに、ルテインなどのカロテノイドを多く含むマリーゴールドや、各種ビタミンを配合してあります。眼精疲労にはブルーベリーのサプリ「アントシアニン入」がより効率がいいそうです。視機能に関わる・神経や脳にも効くそうです。

 - Pickup Item